カップルの理想が叶う結婚式場を紹介します【芦屋編】

HOME » 理想の結婚式場選びのための準備ガイド【芦屋編】 » トータルコストを計算しよう!

トータルコストを計算しよう!

挙式に必要な費用について、相場とお得な情報を載せています。

結婚式にかかる費用の相場とは?

おおよその相場ですが、結婚式紹介サイトなどを見ると、ホテルウエディングは平均330万円、ハウスウエディングは平均370万円、レストランウエディングは平均260万円、専門式場は平均310万円となっています(もちろん、招待客の人数によって異なります)。

貸し切りということで、やはりハウスウエディングの費用が高めとなっています。

結婚式の費用はオプションを付ければどんどん増えますから、上を見ればきりがありません。

あらかじめ予算を決めておき、余計な出費をしないように心がけることが大切だといえます。

見積もりを取り寄せて比較・検討

結婚式場を絞りこんだら、見積もりを出してもらいます。

その際、予算を提示しておけば、金額に見合った金額を算出してもらえます。

これを比較しながら、自分たちの希望に沿った結婚式場を選択していきます。

気をつけたいのは、見積りは通常最低限の費用であるということです。

「この金額でできるなら」と話を進めていくと、オプションが必要になるケースが少なからずあります。

例えば、「生花の本数やグレードを上げてはいかがですか?」「写真は料金に含まれていません」といった提案や説明のままに上乗せしていくと、予算からかけ離れた金額になってしまうことも。

予算に余裕があれば問題ないですが、それ以上の出費が難しく、どうしてもその式場を利用したいのなら、再度見積りを出してもらうことも考えましょう。

また予算内に費用を納めてもらえるよう、交渉することも可能です。

この時に気をつけたいのは、あまり削りすぎないこと。費用が安くなったことで、肝心のセレモニーが物足りない結果に終ってしまわないようにしましょう。

ブライダルフェア特典や各種サービスで節約可能

結婚式場には、さまざまな特典やサービスを設けているところも少なくありません。

例えば、シーズンに応じての値引きです。

通常、結婚式には向かないといわれる盛夏、厳寒期などは、料金が安くなる傾向があります。

逆に人気の春や秋口は高めに設定している式場は多いといえます。

近年、若い世代は気にしないようですが、六曜日の「仏滅」にあたる日にも割り引きがあります(年配者の中には「仏滅に結婚式なんて…」と縁起を気にする人もいるため、了解をとっておくことが必要です)。

もちろん、式場によっては、シーズンや日にちに関係のない特典やサービスも行っています。

このような情報は、公式サイト、提携している式場紹介業者のサイト、結婚専門媒体(雑誌やフリーペーパーほか)などに掲載されています。

また、ブライダルフェア参加者のみに適応されるサービスもありますから、希望式場のブライダルフェアには足を向けるようにしましょう。

 
芦屋で人気の結婚式場ランキング